Kompira アップデート情報

11月

2022-11-30

    • Pigeon
      • 連絡を実行した際の通知文面に以下を追加しました。
        • コールフロー情報
        • ガイダンス情報
        • 対応者
      • 変更内容の詳細はこちら
    • Greac
      • ファイルのダウンロード機能を追加しました。詳細な使用方法はマニュアルをご参照下さい
        • ファイルダウンロード機能は FireFox での利用には対応しておりません
    • Sonar
      • スキャンスケジュール「1回のみ」の時刻をローカルのタイムゾーンで表示されるように修正しました
      • ノード一覧画面で一部スタイルが崩れる問題を修正しました
    • Ksocket
      • 一部の環境(最小構成CentOS等)で libpcap パッケージをインストールしなくても動作するよう改善しました

2022-11-16

    • Kroker
      • 今後提供予定の Greac のファイル転送機能に対応しました。
    • Grypto
      • 軽微なバグ修正(詳細は こちら

2022-11-09

    • AlertHub
      • ルール・トリガー・ランブックにコピー機能が追加されました
      • Webhook アクションの Webhook URL にて mustache 展開を行えるようになりました
      • Email アクションの To, Cc, Bcc それぞれの名前、メールアドレスにて mustache 展開を行えるようになりました
      • アクション作成時、既存および上記の mustache 展開が行えるフィールドに対して mustache 文法チェックを行うようになりました
      • API で Email アクションを保存する際に件名または本文が空ならばエラーとみなすようにしました。画面、一括設定に合わせた挙動となります
      • ランブックの実行が完了したにもかかわらず、稀に実行履歴のステータスが「処理中」になってしまう不具合を修正しました
      • 通知先設定のインポート・エクスポートが行えない不具合を修正しました
    • Greac
      • 接続先一覧画面及びセッション一覧画面に、表示名による絞り込みの機能を追加しました
      • 接続先設定フォームでの認証情報の選択肢について、接続先のプロトコルと一致している認証情報のみ表示されるように修正しました
    • Sonar
      • ノード一覧画面にて、ノードを複数選択してタグを一括設定できる機能を追加しました
      • タグの一括設定・一括追加を行う API を追加しました
      • ホスト名やIPアドレスが複数取得できた際、マウスクリックでその一覧を展開できる機能を追加しました
      • SSH で bash や sh ではない特殊なシェルを持つ機器をスキャンした際、正しくホスト名が取得できないことがある事象を修正しました
      • 検索画面で正しくない構文を続けて入力した際、エラーで画面が埋まってしまう事がある事象を修正しました
      • vSphere (vCenter、及びESXi)のスキャンに対応しました
        • ESXi については詳細情報取得まで対応
        • vCenter については現在の仕様上バージョン関連情報の取得のみ対応
        • ※ vSphere のスキャンには Ksocket v2.3.0 以上が必要となります
    • Ksocket
      • vSphere のスキャンに対応した Ksocket v2.3.0 をリリースしました

10月

2022-10-26

    • Kroker
      • 軽微なバグ修正(詳細は こちら

2022-10-05

      • AlertHub
        • ランブック機能をリリースしました
        • 受信スロットのメールアドレス・URL のランダム文字列部分を 48 文字から 26 文字に短縮しました
        • 存在しない $receiveSlotKey を指定したルール CSV をアップロードした際にバリデーションが完了せずタイムアウトする不具合を修正しました
      • Greac
        • セッションについて、12時間の上限時間を設けました
          • 接続画面には、セッション終了までの時間が表示されます
        • ブラウザのウィンドウ幅に追従して画面サイズが変わるように修正しました
          • 接続画面にて、ブラウザのウィンドウ幅に追従するモードと、接続先設定で指定したサイズで表示するモードの二つから選択可能です
      • Sonar
        • 管理ノード一覧画面に、タグによる絞り込み検索機能を追加しました
        • 検索画面で日本語を入力すると文字化けする不具合を修正しました
      • Ksocket
        • 設定ファイルのフォーマットが不正な状態で診断コマンドを実行した場合、診断自体がエラーで止まってしまっていた問題を修正しました
          • また、本バージョンより Ksocket のインストール対象 OS として、RHEL6, CentOS6, Ubuntu 16.04 のサポートを終了しました

9月

2022-09-07

      • Sonar
        • SNMP に対応した機器でのホスト名取得に対応しました
        • 独自の Shell を持つような特殊な機器 (vCenter Server Appliance 等) に対して SSH スキャンを行った際、スキャン自体が失敗してしまう事象を修正しました

8月

2022-08-17

      • AlertHub
        • トリガーをエクスポートした際に、同じスコープ内のトリガーの列挙順が不定となっていた不具合を修正しました
        • トリガー実行待ち中に該当するトリガーや所蔵スコープが削除された時に、他のトリガー実行の遅延や消失が発生する不具合を修正しました
      • Greac
        • スペースの同時接続数が上限に達していた場合、接続を制限するよう修正しました
        • リモート接続のパフォーマンスの安定のために、Kroker を定期的に切断・再接続するよう修正しました
          • Greac での接続を処理中の Kroker は切断されません
        • 接続先のパラメータについて、指定できる値の最小値を修正しました
          • 画面の横幅、画面の高さ:100
          • スクロールバックの最大行数:0
      • Sonar
        • Sonar のスキャン実行画面をリニューアルし、ネットワーク単位での共通スキャン設定を保存・指定できるようになりました
          • 以前はスキャン設定が Ksocket 毎の個別設定となっており、同じスキャン設定で複数の Ksocket を使い分ける際に再入力が必要となっていました。今回スキャン画面をリニューアルし、ネットワーク単位で全ての Ksocket に適用される共通スキャン設定を保存・指定できるようにし、必要に応じて Ksocket 個別の設定を上書きできる仕様としました
        • Sonar のスキャン実行時、ポート番号が指定できるようになりました
          • Ksocket がスキャン時にノードを探索する際は、ping 応答などの他にポートスキャンを行ってノードの生存確認を行っています。今回のスキャン画面リニューアルにて、ポートスキャンで使用するポート番号を指定できるようにしました
        • スキャン設定等の入力値がチップ表示になるフォームにおいて、フォーカス時に入力値がテキストになるように修正しました
      • 各種設定において、操作の履歴を記録するようにしました

6月

2022-06-23

      • Greac
        • 接続先設定詳細画面の左右のマージンを他のページに合わせて調整しました
      • Kroker
        • Kroker 一覧画面に Kroker のダウンロードリンクを追加しました

2022-06-16

      • AlertHub
        • 各ページのスマホ表示時の備考を省略するように変更しました
        • 各ページのスマホ表示時の備考と拡張ボタンの位置をきれいに見えるように調整しました

2022-06-02

      • AlertHub
        • 各画面の検索フォームでの検索の実行を「一文字入力毎」ではなく「一定時間(500ms程度)変化がない場合」に変更しました
      • Sonar
        • 各画面の検索フォームでの検索の実行を「一文字入力毎」ではなく「一定時間(500ms程度)変化がない場合」に変更しました

5月

2022-05-31

      • AlertHub
        • 一括操作にて大きな CSV をアップロードするとタイムアウトが発生する不具合を修正しました
        • 一括操作実行時の安定性の向上をしました

2022-05-30

      • AlertHub
        • Email アクション送信元設定を使用して E メールアクションによるメール送信をおこなった場合に、送信に失敗するケースがある不具合を修正しました

2022-05-26

      • Greac
        • 接続先の画面サイズがブラウザで表示しきれない場合、横スクロールできるように修正しました
        • 接続先設定においてKrokerと認証情報を不正な組み合わせで登録できてしまう不具合を修正しました
        • セッション作成/参加ボタンが分かりやすくなるようにデザインを改善しました
        • ログダウンロードボタンがセッション一覧に表示されるように変更しました
        • 接続先設定フォームにKrokerマニュアルへのリンクボタンを追加しました
        • 接続先詳細画面から編集した際に一部の情報が更新されない不具合を修正しました
      • Sonar
        • スキャンスケジュールフォームで一度発生したエラーが表示され続けてしまう不具合を修正しました
        • スキャンスケジュール「1回のみ」フォームの初期値が現在日時となるように変更しました
        • スキャンスケジュール「1回のみ」フォームの日付が前日以前は選択できないように修正しました

2022-05-19

      • Sonar
        • ksocket が Kompira cloud へ接続できているにも関わらず、接続ステータスが未接続になることがある問題を修正しました
        • スケジュール設定時に特定の日付がバリデーションエラーになってしまう不具合を修正しました
      • AlertHub
        • 各フォーム内のリンクを別タブで開くようにしました

2022-05-12

      • Greac
        • 接続時のエラーメッセージを一部修正しました
        • セッション一覧のユーザーセッション一覧表示にて、ユーザーの ID を表示できるようにしました
      • Sonar
        • 構成図画面にてスタイルが崩れる不具合等を修正しました
      • AlertHub
        • アクション実行履歴画面の表示を一部修正しました
        • アクション/ルールの検索フォームにおいてエンターキー押下で検索実行されるようにしました

4月

2022-04-22

      • Sonar
        • APIを使用したスキャンでポートスキャンを行う際のポート番号を指定できるようにしました
          • 新設されたスキャンAPIである /api/apps/sonar/networks/{networkId}/scan/invoke エンドポイントを使用することでポート番号が指定できます
            詳しくはAPIドキュメントをご参照ください

2022-04-21

      • AlertHub
        • トリガーのインポート・エクスポートを独立した CSV で行うよう変更しました。これに伴い、以下のような変更が行われました
          • スコープ CSV によるトリガーの変更は行われなくなります。以前のスコープ CSV も引き続きお使いいただけますが、 trigger 列は無視されます
          • トリガーの仕様に合わせる形で、スコープ静観スケジュール CSV の項目特定が $key と $scopeKey の組み合わせで行われるようになりました。$scopeKey 列が異なれば $key は重複しても構いません。以前のスコープ静観スケジュール CSV も引き続きお使いいただけます
        • スコープ・ルール・アクションのエクスポート時の列順を調整しました。以前の列順の CSV も引き続きお使いいただけます
        • トリガー設定の関連メッセージのオペレーションに「イベントの深刻度名を起点イベントの深刻度名と比較する」を追加しました

2022-04-20

      • Kroker
        • Web 画面から Kroker のログ (一部) をダウンロードできるようにしました

2022-04-15

      • Sonar
        • ノード詳細のスナップショットのリトライ処理が動作しない点を修正
        • 構成図画面のデザインを大幅に見直し正式版としてリリースしました
        • 管理ノードに紐づけられるタグ機能を追加しました
          • この機能を利用することで構成図画面でタグによる表示切り替えができます

3月

2022-03-31

      • AlertHub
        • トリガーの実行条件で時間経過を伴う条件を使用した場合に、その経過時間内にイベントを発生させたメッセージをアクションで利用可能になりました (機能説明)

2022-03-30

      • Greac
        • サービス管理上の機能追加を行いました。

2022-03-18

      • Sonar
        • Juniper SRX, SSGシリーズの一部でデフォルトゲートウェイの取得に対応しました( ipCidrRouteNextHop が取得可能なもの)

2022-03-17

      • AlertHub
        • 一括操作機能にて CSV ファイルのダウンロード処理中の表示を改善しました
      • Sonar
        • 管理ノードが 新規 / 既存 / 消失ノードになる日数を指定できるようになりました

2月

2022-02-28

      • Greac を正式リリースしました
        • このサービスを用いる事で、セキュアなリモートアクセスを実現いただけます。詳しくは弊社営業までお問い合わせ下さい
      • Kroker v1.0.0 をリリースしました
      • Grypto v1.0.0 をリリースしました
        • Grypto を利用することで Greac のリモート接続時の操作履歴を復号することができます
      • Greac
        • テキストログ / 動画履歴について、API からのダウンロードを可能にしました
        • 接続先作成フォームの軽微な不具合を修正しました

2022-02-25

      • AlertHub
        • スコープ属性およびスコープ静観スケジュールのエクスポート時にエクスポート漏れが発生する不具合を修正しました
        • スコープ静観スケジュールのエクスポート時に、静観時刻のタイムゾーン情報が失われていた不具合を修正しました

2022-02-24

      • Kroker
        • Kroker のバージョン表示およびサポート状況表示に対応しました。Kroker 一覧画面で、歯車アイコンのボタンを押し、「バージョン」にチェックを入れていただくと表示されます。

2022-02-21

      • AlertHub
        • Pigeon アクション詳細画面にて、参照できないコールフロー・ガイダンスが指定されていた場合にエラー画面に遷移していましたが、参照できない警告を表示した上で詳細画面が表示されるようにしました

2022-02-16

      • Greac
        • 一般ユーザが接続先一覧 / 詳細画面にアクセスした際の、認証情報の表示を修正しました。
      • AlertHub
        • 一括操作機能 (CSV によるインポート・エクスポート) を追加しました (マニュアル)。

2022-02-15

      • AlertHub
        • スコープの深刻度復旧時間に秒が指定できるようになりました

2022-02-10

      • Sonar
        • Windows 端末をスキャンした際、 21H1 以降のバージョン情報が正しく取得できていなかった問題を修正しました

2022-02-09

      • Greac
        • 料金に関わる、月ごとの通信量を表示する機能を追加しました。
          • 設定 > スペース の下部でご確認いただけます。

2022-02-03

      • AlertHub
        • Email アクション送信元の名前・メールの最大文字数が 255 文字であることをわかりやすくしました。
        • アクション一覧画面の「作成日」「更新日」の表示フォーマットを他の日時項目と統一しました。

2022-02-02

      • Kroker
        • Kroker の新規登録ページを新設しました。
      • Greac
        • 認証情報として ssh 鍵認証を使用する場合、鍵の形式もしくはパスフレーズに誤りがある際の応答を修正しました。

1月

2022-01-26

      • Greac
        • 一般ユーザで接続先一覧画面、もしくは接続先詳細画面にアクセスした際に不適当なエラーメッセージが出る不具合を修正しました。
        • 一般ユーザで接続先一覧画面アクセスした際に、認証情報名の表示が永続的に読み込み中になる不具合を修正しました。

2022-01-12

      • Kroker
        • Kroker 切断時に、webhook で通知する機能を追加しました。Kroker 一覧画面の、”通知設定” リンクから設定画面に移動いただけます。

2022-01-05

    • Kroker
      • Kroker の切断検知に遅延が発生する問題を解消しました。
      • Kroker の接続状態の表示機能を(再度)追加しました。
    • Greac
      • 操作履歴の暗号化・復号を行う鍵を管理する機能を追加しました。
        • 画面左側のタブの、Greac/鍵管理 から操作いただけます。
        • 鍵の更新及び、操作履歴を復号するための鍵のダウンロードと、操作履歴を復号するための鍵の
          Kompira Cloud からの削除が可能です。
      • 暗号化された操作履歴について、拡張子を .encoded から .grypto
        に変更しました。
      • 新規セッション作成時のパフォーマンスを改善しました。
TOP