製品ポリシー

製品ポリシー

Ksocket サポートポリシー

Ksocket のバージョンとサポート期間

バージョンサポート開始日サポート終了日
v2.3.12022/11/30
v2.3.02022/11/09
v2.2.42022/10/05
v2.2.12020/12/17
v2.2.02020/10/19
v2.1.12020/08/25 2023/05/08
v2.1.02020/05/142023/05/08
v2.0.12020/04/032022/04/22
v2.0.02020/04/012022/04/22
v1.x.x2022/04/22

Ksocket のバージョン形式

Ksocket のバージョン付けは、セマンティックバージョニング 2.0.0 に則っており、X.Y.Z という形式で付与されます。
バージョン番号の加算とサポート対象については、以下バージョン種別の通りです。

Ksocket のバージョン種別

バージョン種別バージョン番号更新例加算タイミングサポート対象
メジャーバージョン
vX.Y.Z
v1.0.0
→ v2.0.0
後方互換性を持たない機能追加および変更を行った場合に、Xの値が加算される最新バージョンのみをサポート
マイナーバージョン
vX.Y.Z
v.1.1.0
→ v1.2.0
機能追加および変更を行った場合に、Yの値が加算されるサポート対象となるメジャーバージョンにおいて最新2バージョンをサポート
パッチバージョン
vX.Y.Z
v.1.1.1
→ v1.1.2
機能の変更がない不具合の修正等を行った場合に、Zの値が加算されるサポート対象となるメジャーバージョンおよびマイナーバージョンに含まれる全てのバージョンをサポート

サポート対象の範囲

最新バージョンがリリースされることで、サポート対象となるバージョンの範囲が変わります。

新しいメジャーバージョンがリリースされた場合、リリースされた最新バージョンのみがサポート対象となります。
新しいマイナーバージョンがリリースされた場合、リリースされた最新バージョンと、その1つ前のマイナーバージョンまでがサポート対象となります。

最新バージョンがリリースされてから180日間がサポート対象の猶予期間であり、サポート期間のサポート終了日には猶予期間を含んだ日付を記載しています。
必要に応じて、この期間内にバージョン更新への対応をお願いいたします。

サポート対象外となった場合について

サポート対象外となったバージョンの Ksocket は Kompira cloud への接続やスキャンは引き続き行えますが、予告なく利用できなくなる場合があります。
また、接続やスキャンで問題が発生した場合にお問い合わせいただいても回答できない場合があります。

そのため、サポート対象外となる前に Kscoket のバージョンアップを行っていただくようお願いします。

Ksocket のバージョン確認方法

利用している Ksocket のバージョンの確認方法は以下の通りです。

画面右上のメニューから「設定」をクリックします。

「Ksocket」をクリックし、バージョンを確認したい Ksocket の表示名をクリックします。

右上にバージョン名が表示されます。

TOP